代表的なものはスキミングとフィッシング

クレジットカードの不正利用は、クレジットカードを誰か自分以外の他人に不正に利用されたり、使った覚えがないのに、高額な金額のクレジットカードの請求書が届いてしまうといったトラブルです。

クレジットカードの不正利用で有名なものは、スキミングとフィッシングと呼ばれるものがあります。

スキミング
スキミングはクレジットカードのカードリーダーなどを使ってクレジットカードの内容を読み取ります。 そしてそれを使ってクレジットカードを偽装してしまうという方法です。 クレジットカード自体は本人の元にあるのに、情報が犯人の手元にあるために散々使われた末、請求書が届くまでクレジットカードの不正利用に気がつかないということがよくあります。
フィッシング
フィッシングと呼ばれるクレジットカードの不正利用は、例えばクレジットカード会社を装って、暗証番号を聞き出してお金を使うといったものです。具体的には、契約しているクレジットカード会社からメールが届き、書かれているURLからホームページに行くとカード番号と暗証番号を要求される。何の問題も無いようなことかと思われるかもしれませんが、実はこのホームページは本物そっくりに作られた偽のクレジット会社のホームページ。カード番号と暗証番号は、詐欺集団の手に渡ってしまうというものです。

クレジットカード情報を無線LANを使って送信をすると、盗聴される危険性が高くなります。一般的に使われている、WEPという暗号化をほどこしていても盗聴を防ぐ効果はあまり大きくありません。クレジットカード情報を扱う際には、無線LANを使わないほうが無難です。

またキーロガーなどのスパイウエアにより、クレジットカード情報が流出するケースがあります。自宅以外のコンピュータではクレジットカード番号の入力を控えるとともに、自宅でもスパイウエア対策を万全にする必要があります。

クレジットカードは持ち運びがやすいですが、それは盗難・紛失しやすいとも言えます。盗難や紛失時に気づきにくいというのも難点です。紛失の早期発見が重要になります。万が一盗難・紛失にあった場合でも、クレジットカード発行元に停止措置を連絡するのも可能です。

  • グレーゾーンですがショッピング枠を換金するサービスも存在します。現金化優良店はこちら
  • http://midiabox.com/
  • クレジットカード現金化利用者の口コミ掲示板も存在します。参考にするのもいいかもしれません。
  • http://www.shjcfz.com/
  • クレジット現金化の利用者は改正貸金業法の施行とともに増加し続けています。
  • http://www.gvb-uk.com/