クレジットカードの使い方

今や生活するのに必須のものとなってきたクレジットカード。まだ一度も使ったことが無い人もそうでない人も、まずは確認しましょう。

■店頭でクレジットカードを使用する
店頭では、クレジットカードが使用できるかどうかを確認します。確認の方法は、レジの近くなどにある看板。使用可能なクレジットカード会社のマークなどが並んだプレートのようなものを置いてありますのでそちらで確認してください。たいていは「VISA」や「JCB」などうといった、クレジットカードのブランドが載っているかと思いますので、そうしたカードを持っていれば、使用可能と考えていいと思いますが、たまに、特定のカードが使用できないところもありますので、その時は、現金で支払うことになります。レジで買い物をするときにカードを出しますが、もしかするとサイン等をする必要があるかもしれません。
サインが必要な場合
サインが必要な場合は、「ここにサインをお願いします」と、指定された場所にサインをします。
サインをする前には、支払額を確認する必要があるのできちんと今回の買い物等の額と、クレジットカードの請求額が一致しているかを確認しましょう。支払方法も要チェックで、一括払い扱いになっているのかどうか、分割払いなのかも、しっかりと確認しましょう。
いずれも、たいてい一枚のレシートのようなものに表示されていますので、請求額と支払方法をしっかり確認し、サインすることを心がけましょう。カード明細を渡されますので確認用ということで念のためその場では捨てずに持って帰ったほうがいいと思います。
サインが不要な場合
お店によっては、サインが不要な場合もあります。スーパーや、安い買い物をする場合、一部のクレジットカードが使用可能なコンビニなどがそうです。
その場合、レジでクレジットカードを出すだけで大丈夫です。一括払いにするかどうかを聞かれることもありますが、聞かれない場合は、一括払いが前提です。こういった場所で分割払いをする人はいないので、もし支払方法を聞かれたときには、一括払いにしてください。カードの明細は出ないことが多いので、レシートをもらって下さい。
暗証番号の入力が必要な場合
一部の店では、暗証番号の入力を求められることがあります。
もし暗証番号がわからないという場合、サインで対応してもらえます。(サインでお願いします、と言えばいいでしょう)暗証番号は、クレジットカードを作成したときに記入した数字4桁になります。数字を入力する端末を渡されますので、他の人に見られないよう数字を入力しましょう。
入力完了ボタンを押す必要がある端末もありますのでその場合はボタンを押して完了です。後は同じく、明細をもらい完了です。
■インターネット上などでの使用
まずカードのブランドを選択し、カード番号(16桁分)を入力します。たいていはハイフン「-」などは不要で、数字をそのまま16桁入力するか、4桁ごとに分かれている場合が多いです。入力を間違えないよう気をつけましょう。
名前を入力
クレジットカードにローマ字で書かれている名前ですので書き方を把握しておきましょう。
名前と苗字の間にスペースを開け、クレジットカードに書いてあるように半角文字で記入していきましょう。
有効期限を入力
有効期限の入力スペースもありますので、クレジットカードに書いてある有効期限を入力しましょう。たいてい「月/年」という書き方になっていますので「01/15」でしたら、2015年1月までが有効期限となります。
セキュリティコードの入力
一般的ではありませんが、たまにセキュリティコードを記入する必要がある場合があります。これは、クレジットカード番号16桁のほかに、カードに記入されている3桁、もしくは4桁の数字です。たいていは、カードの裏面のカード番号の側などに記入されています。暗証番号とはまた別になりますので、間違えないよう気をつけましょう。
  • 初心者や新社会人向けのクレジットカードは使いやすいさが一番です。またセキュリティや
    ポイントの貯まりやすさなどにも重点を置いて、下記のようなクレジットカード比較サイトで
    探してみましょう。
  • http://field-s.com/
  • 東京の神田などでは「カードでお金」と書いてある看板を頻繁に見ることがあります。
  • http://card-okane.biz/
  • 総量規制の関係でキャッシングを利用できない方もショッピング枠を現金化することができます。
  • http://fueld.biz/